ご挨拶(ほろ(?)酔い)

2009年、今年も一年大変お世話になりました。

今年はみなさんにとってどんな年でしたか?

漢字一文字にするとどう?

なんて聞いてみたりすると、いろんな答えがあって面白かったよ。

今年の私は、「転」でした。

いろんな意味で。

来年の自分のテーマ(漢字一文字)はもう決めてあります。

もしそのテーマが守れたなら、来年末このブログでご報告します。

今日は一日中、なぜか普段は聞かないジミヘンを爆音でかけてギタのフレーズを大声で歌いながら、大掃除をしてました!

なんしかはかどったー。なんで?

その後ご近所友と納会的な?飲み。

明日は大掃除の続きと、年越しは友達と☆

久しぶりに東京で向かえる正月。

雪は無いけど、歴史のある東京の正月もきっと良いものですね。

今年一年、様々な形で出会い、お世話になった皆様、以前から繋がってくれてる皆様、

ほんとうにありがとうございました。

不束者ですが、来年度も引き続き、宜しくお願いいたします。

たくさんの良い事が2010年あなたにあるように。

2009.12.31

加藤 哉子

出雲旅行記

続き〜
さて、その後お昼はもちろん出雲そば。そば粉の強い感じが好み。
しばらく出雲の町を散策して、松江しんじ湖温泉行きの電車に。
予定では宍道湖沿いを走るこの電車から夕日を見ながらでしたが、
あいにくの曇り空で夕日は見れず。
出雲という名前の通り、年中雲の多い土地だとか。
でもときおり、雲間から射す光が強くて神秘的。

image

駅に着いたときにはすっかり夜。
夜はお楽しみの某店へ。
以前松江に旅行した方から是非、と勧められていたリーズナブルで宍道湖七珍が食べられるお店。
七珍の中ではスズキの奉書焼き、白魚、しじみ汁、うなぎのたたき、がかなり美味でした。
そして拡声器で店主から料理の説明があるという名物イベント。。。笑
そのおかげで(?)おとなりのお客さんたちとも仲良くなって、東京から来た男性のおひとり客と、地元のカップルと話してたらついつい長居。
地酒も豊富!私は李白という辛口の日本酒がかなり好みでした。
そのまま帰る予定が、近くにいい感じのバーがあるとの情報をそこで仕入れてしまったので、店を後にして移動。
外からはまったく中が見えないのでドキドキしながらドアを開けたら、二階建てのレンガ作りの落ち着いた感じのバー。
でも!ドア開けた途端に気がついた。。。
今日はクリスマスだってことを。。。!
中はいー雰囲気のカップルだらけ。。。
バーテンのお兄さんにすかさず席を案内されてしまって、おずおずと着席。一杯だけ飲んでさっさと帰ろー!と、飲んでいると隣の若いカップルが声をかけてきた。
さっきの店といい、島根県民は人懐っこいのかな。
結局ここでも色々話してたら楽しくなって、最終的にメルアド交換してようやく帰路。
予定よりもかなり遅く帰ってしまったので慌てて温泉に入ってたら、誰もいない。。おー貸切だー!わー!
と泳いでたら、
旅館のおじさんが入ってきて、あら!すいません!お客さんもう入浴時間終わってるんですー!
ひょーすんませーん!ってかぜんぶ見られた!?

その後はすぐにぐっすり。。。
が、けっこう声が聞こえたりする金縛りにあって三時間後に起床。

なんだなんだ、と思って枕元を見たら、頭上に飾ってあるおかっぱの日本人形がこっちを見てる!。。。気がした。
カーンカーンカーン(←なんやら心の中の効果音)。。。うぁー!
できすぎやん!
いや、やはしこいつか。。
ってか、人形を旅館に飾るのはやめてほしい。。。
そしてそのまま眠れずに朝を迎えるのであった。。。

続く

出雲旅行記2

二日目image

稲田姫を奉る八重垣神社へ。
女の神様だからか、すごく親しみのある雰囲気の神社。
鏡の池の占いをやりました♪沈む時間や場所で色々結果があるみたい。私の結果は!ムフフ・・!
水に浮かべると出てくる文字、「親の思いを忘れるな。」ちょうどその日は亡き父の誕生日。
北と西が吉。おっ、北海道?広島?島根?おー。

imageimage

今回の旅で一番、自分にしっくりきた場所。現存する日本最古の神社。神魂(かもす)神社。
森の中に静かにでもしっかりと鎮座している厳かな神社。
ぜったいまた来たい。

image

熊野大社。とても明るくてひらけた神社。境内に雪が残っていて、今年の初見雪。

image 皆美の鯛めし。

image

松江城を眺めながらお堀をめぐる遊覧船。この時期はこたつでした。

このほか、たまたま歩いていたらめぐり合う神社仏閣多数。
まだまだまわりたい場所もたくさん。
予想以上に素晴らしかった山陰地方。
島根の人たちもとても親しみやすかったし。

来年も、また行けますように♪

神様こんにちわ

image

クリスマスイヴのケイコスワンマンライブin広島も無事終了いたしまして、以前から興味のあった山陰地方へ一人旅に来ております!

写真は、日本の夜を守ると言われる日沈の宮とスサノオさんが奉られている日御碕(ひのみさき)神社です!
島根出身のお友達に、出雲に行くなら是非オススメ!と言われた歴史ある神社。
ちなみに昼を守るのは、かの有名な伊勢神宮。

24日のケイコスライブは、とてもあたたかくて特別な雰囲気に満ちていました☆
温かいけど、厳かなかんじ。

この日は、ケイコスの最新アルバム「25」に収録されている「望郷」という曲が、強力な説得力で響いてきました。

同郷人が持つ共通した根底にある風景、匂い、そんなものがその曲を通して彼女とお客さんの間に独特の空気を産んでいたように思う。

タクシーに携帯落とした事件@広島
というおっちょこもまたもややってしまったりもしましたが、(その後運転手さんが発見してくれて無事手元に。)
、ケイコスご両親やまわりの温かいみなさんのおかげで、楽しいイヴを過ごすことができました。

ありがとうございました。
そして早朝、広島を経ちバスで出雲へ。(爆睡)

そして海岸線の山道をバスで揺られること約30分、写真の日御碕神社へ。
数年前に塗り直したという朱色の門が精巧で綺麗。。こんなの作れちゃう大昔の職人さんってほんとすごい。

その後はご存知出雲大社。
長くて開けた参道がとても清々くて気持ちい−!
本殿が修理中で(完成は平成25年。長っ。)残念でしたが、極太注連縄の迫力や、美しい神楽が響いていたりでとても良い場所でした。
なんせ全部規模がでかい。
伊勢神宮の時も思いましたが、神様にこういう例えはどうかしら。。だけど、「格好よい。」
多分本来の意味で、カッコイイ。
デザインとか、配置とか、色合いとか、自然との調和とか。
日本人って素敵なセンスを持っているんだなぁ。と。
私は霊感云々とかはよくわからないけれど、気持ちが洗われる場所です。

旅行記はまだ続きますが一泊にしてなかなか濃ゆい旅になりそうです。

続きはまた!

just like water

ブログ、空の写真がおおいですよね。
先日ライブに来てくださったお客さんから言われました。
以前誰かにも言われたなぁ。

手抜き、してるわけではなくってー。。
心に留まって、これを誰かにも見てほしいなぁ。
と思う景色が、たまたま、空、とか、月、とか、夕日、とか。とかとかとか。

月並みなんだけど、おっきな景色っていいもんだから。ついね。
北海道育ちもでかいかねー。

今日はちょうどこの空をみていたときこの曲が頭にながれていました。

[動画は削除されました]

夜は武道館でSuperflyを見てきました。
ドラムのマツキチさんは今日は一段と、顔が引き締まってみえた。
しっかりとバンド全体をしめてて男義だった。
やっぱりニヒルなアンドレ。

ぬぉー。と気合いをいただいて、足早に帰宅。
宿題GOGO!

関係ないけど、武道館行く時のあの手前の門の辺りっていつもなんか怖い。
単に暗くなってるからとかじゃないなんか。
私だけ?

締めがなんだか稲川淳二的になっちゃいました、すいません!

御礼

image

昨日の初企画イベント、「彼にタッチしたいvol.1」
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

キターーーーーッ!

っつーかんじで、イベントの企画者としても、自分のライブとしても
ほんっとに心から楽しめました!

トップバッター鉄平くんは、イベント始まりの独特の緊張感の扉をいい意味でガンガンぶち壊してってくれました。
なにげなくのMCで、「普段はBAZRAというバンドで、ロックンロールをやってます。」
って一言が、素直にかっこいーな。と思った。どんなに熱い曲をやってても肩に飄々とした風が吹いてる風情。同郷に粋なミュージシャンがいて、私は勝手に誇らしくなってしまったよ。

そして、グローバー。弾き語りは一度くらいしかしたことがない。
と言っていた彼ですが、とてもこちらからするとそうは思えない堂々としたライブ。
一曲一曲の言葉をすごく大切にして歌ってる姿に、背筋がぴんとした。
MCも上手なのは、MTVの頃から変わってないし。。。あこがれだゎ。汗。

そして、私は今回もギターに心強いギタリスト、大澤拓也氏を向え、年末スペシャル(?)ってことで、飛び入りでこれまたかれこれ長いお付き合いになるドラマー菅野綱義氏が当日飛び入りで数曲カホンで参加してくれました。
飛び入りといっても、そこは菅野氏、ツボを押さえたリズムでしっかり支えつつ、時折、サプライズもありで、思わずニンマリ。

大澤君との真剣勝負も回を増すごとに楽しくなってきて、それは、ライブなので、それぞれ波はありますが、
こんなに長年共にプレイしていても、新たな境地って見えて来るんだなぁ。
って思ったライブだった。

***Special Thanks***

井上鉄平(from BAZRA)、グローバー(from JACKSON VIBE)

大澤拓也(Ag.)、菅野綱義(Perc.)

秋山さん、BAR?CCOのママ、スタッフの皆さん、

そして、会場に足を運んでくれたみなさん。

そして、今回はSold outの為、キャンセル待ちしてくださってた皆さん、
申し訳ございませんでした。
次回の企画も来年実現しそうですので、ぜひ、その際もここで告知しますので、よろしくお願いします。

2009年、一人歌いはここで納めとなりますが、いい感じに〆ることができてほんとによかった。

あとは、クリスマスイブのけいこすINヒロシマだ。

そして、それまでには締め切り系もあり、まだまだ年越しムードにはなれない模様。

image最近、分身の術を会得しました。

鉄がほしい!

image

こんばんわ。

今日は雲がいろんな模様をしていておもしろい空でした。

えー。と、

リハ、締め切り、リハ、打ち合わせ、締め切り、本番、リハ、

みたいな一週間でしたー。

昨日はけいこすのワンマンライブin TOKYO。

私は4曲コーラスで参加させていただきました。

私の立ち位置から見るけいこすの横顔、とても凛々しくて、感動した。

途中一緒にコーラスさせていただいた菜穂さんとのコーラスもすごく楽しかったし、

豪華なバンドの皆さんの、音のご馳走も、贅沢にいただきました♪

なによりお客さんの笑顔がよかった☆

ありがとうございました♪

ほんで、明日は、初の自分企画のライブだー。ぅわー。

実験もあるからドキドキするな。

いらっしゃる皆さん、一緒に楽しみましょう。

さ、そして最近クラクラして、鉄分足りてない!っつーことで、

レバニラ炒めと小松菜のからしあえをつくってみました。

レバニラは初めてつくったんだが、意外とめんどっちーね。

血を抜いて、洗って、下味付けして、さらに水切って、片栗粉まぶしてー、一回炒めておいてー、そんでまた

ニラと新たに炒めてー。って、あ、これって面倒のうちに入りませんか。そうですか。汗。

中華ってそういうの多いよね。あらかじめ揚げとく、とか。

でも、手間かけたぶん、うまうまでした!

鉄分も補給できたし、明日は楽しく歌わせていただきやす!よろしう!

抜歯、次いで抜歯

また歯を抜いた。
今度は親不知。
こんなに立て続けに歯を抜いたのは初めてだ。

ようやくこの間の移植した歯が安定してきた矢先に、再び。

「年末押し迫ってから抜くというもなんですし、今日抜いちゃいましょう。」
と、いともあっさりドクター。
「ぇ?ふはぁ。。」(心の中ではだったら前回の時に、次抜きます。とか言って欲しかったす。飲みの約束しちゃったす。。。と思いつつ)口開いたまんま、内心動揺してる間に麻酔。

あらよっと抜歯。前回ほどのメッキメキバッキバキ感はなかったものの、やっぱり怖。。

ずっとつま先が直角になってた。笑。

ここのドクター、物腰やわらかですが、意外と押しが強い。汗。

でも、だらだらと治療伸ばし伸ばしやるところより、私のような歯医者嫌いにはこういうところのほうがあうなー。

来年にはツアーのお仕事などもあるし、それまでにメンテできるところはしとこう!

ところでさ、歯の治療で麻酔かけた後に、うがいしてください、って言われて口が麻痺しててちゃんと閉じなくて水がぴゅ〜って飛び出たことある人、私だけじゃないよね。。。あれ、わかってんだけど、やっちゃうんだよね。はずかし。

その夜はカレー。
大好きで食べ過ぎちゃうから作るのは一ヶ月に一度。と決めているくらい好きだ。

今回は、鳥手羽の豆乳カレー。
抜歯後ということもあり、マイルドにしたかったので、豆乳、トマト(細かく角切り)、おすそわけでいただいた手作り柚子ジャムとリンゴをすりおろしたものを加えたら、柚子と手羽の相性がよくてうまうまカレーになりましたとさ!

さらに柚子もいただいたから、柚子風呂もしてみようと思う。あったまりそー☆

柚子の力は偉大なり!

夜更かし

夜更かし生活が続いている。

だんだんと時計がうしろうしろに。。。いかん。こりゃいかん。

やるべきことが各方面に少しずつ、や、実はけっこう、ちらばっていて、取り急ぎ締め切りの早い順から手をつけていくことにした。

師走。

昨日は菊池成孔さん@オーチャード。ゲストにUAさんも登場していた。

いやはやバンドメンバー、すごい面々。

私はとくに、ドラムの本田さんにずっきゅん。

ドラマーフェチはここにおいても。目がいってしまう。

というか、世の中素敵なドラマーが多すぎる!

本田さんのドラムは、それだけで楽曲の魂を把握できるような、繊細さとダイナミックさを持ち合わせていて、

匙加減が、ほんとうに絶妙。また、何処ぞやの機会で聴きたい。

そして、今日は13日ライブのリハ。

今日初お試しにして、あとは直前リハしかない、という緊張の試み。

。。。だいじょぶやろかー。

明日も別リハーサル。

そんでなんこか宿題もある。意外と締め切り近い。

やばい。

やっぱり師走。へいへいほー。

One

今日はお友達で劇団四季の女優さん、熊本亜記ちゃんが出演する「CHORUS LINE」を観てきました。

コーラスラインとは・・・稽古で舞台上に引かれるラインのこと。コーラスつまり役名のないキャスト達が、ダンス等でこれより前に出ないようにと引かれる。メインキャストとコーラスを隔てる象徴ともなっている。
(from wiki)とのこと。

四季のミュージカルといえば、CATSやライオンキング(亜記ちゃんは福岡のライオンキングでヒロインも務めてるそうです。)が浮かぶように、大掛かりなセットや派手なメイクや衣装などが、頭に浮かぶのだけれど、この作品は、そういったものはほとんど無し。
唯一、たまに鏡が効果的に出てくるのと、ラストのお馴染み名曲「One」のラインダンス時の衣装、そして床に一本引かれたコーラスライン。というシンプル具合。

内容(ダンス・演技の実力)で魅せるしかない。
という状態が、この作品のテーマであるオーディションと、このミュージカル自体がすっかり重なっていて、
見ごたえがありました。

ダンサーってほんとにかっこいいです。
身一つで表現する潔さとひたむきさに感無量。

この作品では、言葉よりも歌よりも、なによりもダンスが、迷いながらもひたすら進んでいくダンサーたちの葛藤や喜びを全てあらわしているような気がしました。

亜記ちゃんのお仕事姿も初めて見たから、感動。

当たり前だけど、女優の時の顔、ぜんぜん違う。てかすげー。声量(床の中心に備えられたマイクだけでした)、ダンス。

ミュージシャンのライブを観にいくのとはまた違う楽しみがありました。

ありがとう☆またほかの作品も観にいきたいです。

コーラスラインは1月3日まで公演中とのことなので、気になったかたはぜひ、足を運んでみてください。

☆全然関係ないけどコーラスラインみてなんとなく思いした。マドンナのhung upのPV。
あの出だしのラジカセもってジャージ姿のマドンナが薄暗い鏡張りのスタジオの電気をつけ、いなたいピンクのレオタードになって踊るシーンが好きなんです。